これで肩こりが楽になる!

デスクワーク中に出来る簡単肩こり改善

首は細かい神経パソコンや書類作成などのデスクワークでは、何時間も同じ姿勢でいることが多く、そのため筋肉が硬くなって、血流が滞り肩こりや頭痛になってしまうということも少なくありません。

 

仕事中にできる簡単なストレッチを、いくつか紹介しましょう。

 

肩こりに悩む女性

硬くなった筋肉を伸ばす

  1. 両手を組み、手の平を天井の方に向けて真っ直ぐ伸ばします。腕が耳の横にあることを確かめましょう。肩と背中の筋肉が伸びます。
  2. 同様に組んだ手を外向きにして、前方に伸ばします。背中を丸くして肩甲骨を伸ばしましょう。
  3. 次は、背中の方で両手を組んで後方に伸ばし、腕を真っ直ぐにして上の方に挙げて胸を広げます。

 

それぞれ5秒から10秒を2〜3回。但し、時間がなければ1回でも十分に効果があります。

 

ストレッチは間違った方法で行ってしまうと筋肉を痛めてしまう可能性もあります。
ストレッチの経験が少ない方は、大阪市阿倍野区 整体で正しいやり方や痛みや凝りの原因などの対処方法も教えてもらうのもよいかと思います。

 

 

肩を回す

  1. 右手を右肩の上にのせて、前に5回程回したら、その状態で後ろに5回位回します。肩の関節が動くのを感じることができるでしょう。
  2. 左肩も同様です。

 

首と肩の筋肉をほぐす

下を向くことが多い作業では、重い頭を支えている首は大きな負担がかかっているので、ほぐしましょう。

 

  1. 首の後ろ側、首の付け根当たりの背骨の両側を、両手の四指の腹で背骨を支えるように軽く押さえます。その状態で頭を上げて天井の方を見ます。
  2. 四指を少しずつ、上方にずらしていきましょう。

 

首は細かい神経が集まっている大切な箇所となります。
自分で首を触ることに抵抗がある方は、大森 整体で施術を受けてみるのもお勧めです。こちらの治療院では、9割以上の人が身体の変化を実感しているそうです。

 

胸を開く

デスクワークで、前かがみになっていると胸の筋肉が縮んでしまい自然な姿勢を保てなくjなりますので、胸を開いて筋肉を伸ばしましょう。

 

  1. 右手の肘を曲げて後ろに反らすように持っていきます。この時に左手を右の胸辺りに置き、少し押すように補助すると良いでしょう。
  2. 左側も同様にします。

 

いずれも無理のない程度にするのがポイントです。

 

人間は不自然な体勢に慣れてしまうと、その体勢がクセになってしまいます。
肩こりの根本原因を解消するなら、テレビや雑誌に多数掲載された八王子 整体へ行ってみるのもよいかと思います。